head_img

あなたは、どっちのタイプの主婦?

photoあ~もうすぐ月末。エステにはまって、カードで支払いをしたのはいいけど、今月はいろいろ出費が重なってあと5万円足りない…今月の支払いムリ(ーー;)

こんな時、どうしたらいいの? 両親に借りる?旦那に相談する?
自分の無駄遣いのせいで、払えないからそれは無理です。

じゃ~どうするの? こんな時は、知恵袋に相談してみようと思って相談したら… カードローンでお金を借りることを勧められました。

専業主婦なので収入がないと相談したら… 同じ主婦でも、旦那の同意書があるかないか、収入があるかないかで…借り方が違うみたい。

<専業主婦> 収入がない
<主婦> パートなどで収入がある

<専業主婦>収入がないけどお金を借りたい!

photo収入のない専業主婦の悩みとして…
・どこが貸してくれるのか?
・どうやって返済したらいいのか?
・旦那の会社に連絡とかいくのか?


働いて収入がないだけに悩みは尽きません。 でも、安心してください。専業主婦でも、旦那に内緒でお金を借りることはできます。 それは、「銀行カードローン」です。

 

どうして銀行は収入のない専業主婦にお金を貸してくれるの?

photoお金の話なので少し法律の話をしますね。 2010年に「総量規制」という法律が改正されました。この法律は、借り過ぎや貸し過ぎを防止するために設けられた法律で…具体的には、「年収の3分の1を超える場合は、新たな借入はできない」という法律です。

対象の業者は貸金業者で…アコムやプロミス、アイフル、モビットなどです。
でも、「年収の3分の1を超える場合は…」と法律にあるけど、そもそも専業主婦には収入がないので貸金業者からお金を借りることはできません。

では、どこが貸してくれるのか? それが…「銀行」なんです。配偶者との、総量規制対象外なので、この法律に関係なくお金を借りることができます。銀行には銀行法という法律があり、この銀行法に基づいて独自の審査が行われ、返済能力に問題がなければ借入することができます。

収入のない専業主婦がお金を借りることができるのは… 「銀行カードローン」だけ!

<主婦>パートなどで収入がある

photoパートなどで収入がある主婦は、銀行カードローン、消費者金融のどちらでも借り入れをすることができます。

収入のない専業主婦に比べると借りられる範囲が広く、自分の収入をもとに審査をするので比較的、審査にも受かりやすくなっています。

キャッシングをする際に気になる申し込みについて

キャッシングで借りようって思っても誰にも相談できないのが、「審査」や「申し込み」ではないでしょうか?最近のキャッシングは自宅から簡単にできるので、誰にも会うことなくバレずに借りることができます。

<申込方法は?>

キャッシングしようと思っている銀行系などのサイトから、申し込みフォームに必要事項を記入するだけです。記載内容もそれほど難しくはないので、5分程度で記入することができます。

<審査について>

記入する際に注意したいのが、誤字脱字や嘘、記入項目の漏れ、抜け落ちなど正しく記入することが大切です。名前や生年月日は個人信用情報機関に参照する際に一番重要な情報なので間違わないようにしましょう。

もちろん、住所や電話番号も正確に記入してください。借家よりも持ち家のほうが信用され、携帯番号よりも固定電話のほうが信用度は高いようです。 仕事の面でも、パートやアルバイト、派遣社員よりも正社員や公務員のほうが信頼度は高いようです。

キャッシングをする前に押さえておくべき申し込みの注意点

専業主婦や主婦は、家事や子育て、パートの両立で忙しいから金融機関に行く時間がない人もいるのではないでしょうか?だいたい、内緒キャッシングで借りるのに知人に会いたくない、見られたくないという人にはWEB申込が最適です。

WEB申込は、自宅から簡単にできるので、人に会うことなく数分で申し込みができます。でも、在籍確認の電話がかかってくるので、自宅の電話で困る人は携帯の番号を記入しておけば、他人に怪しまれることはありません。 在籍確認の電話は、本人確認なので必ず聞かれたことに正しく答えましょう。

例えば、申込内容の確認、月収、居住年数、生年月日、干支、結婚などによる姓名変更などを聞かれます。 50万円以下の借入では、ほとんどの場合は収入証明書の用意は必要ありませんが、もしも聞かれたら…専業主婦の人は配偶者の源泉徴収票、パートなどで収入のある主婦は個人収入の給与明細書などを用意しましょう。

専業主婦も主婦も知りたい!キャッシングに必要な書類って何?

急いでキャッシングで借りようとすると、慌てて用意ができてない必要書類。何が必要なのかは事前に調べて用意をしておかないと、借りれるものも借りれない状況になります。先ずは、何がキャッシングでお金を借りる際には必要なのか知っておきましょう。 必ず必要なのが、運転免許証や保険証、パスポートなどの身分証明書です。もしも、50万円以上の借入をしたいなら、これとは別に収入証明書、身分証明書に記載された現住所が違う場合は住民票の準備が必要です。 審査に無事に通過すると、自宅に契約書やキャッシュカードが送られてきます。この方法以外にも、今現在使用している銀行にキャッシュカードにキャッシングの機能を付ける事で、もっと早く借りる事ができます。

専業主婦におすすめのキャッシングの返済方法

専業主婦がキャッシングで借りたら、どうやって返したらいいいの?収入のない専業主婦は、毎月決まった生活費の中から返済していかないといけません。一番いい方法は、毎月の返済額が固定されている”リボルビング方式”がおすすめです。

”リボルビング方式”と言っても、全部で6種類くらいありますが、一押しなのが”残高スライド方式”です。”残高スライド方式”は、借入残高に応じて返済金額が変わる方式です。5万円以下なら5,000円、10万円以下なら1万円…借入金額に応じて毎月の返済額が決まっています。

キャッシングで借りた時の返済方法は、必ず自分に合った方法で返済しましょう。多少返済期間が長引いても、日々の生活に負担をかけないように返したいなら、”元利均等方式”や”残高スライド元利定額リボルビング方式”といった方法での返済がおすすめです。

ページトップに戻る


外為ジャパンの口コミ